東京と新大阪間を格安で移動できるぷらっとこだまのメリットとデメリット

東京大阪間のこだま新幹線

私は静岡県に住んでいるので東京や大阪に行くときには東海道新幹線をよく利用します。

その中でもぷらっとこだまは東京⇔新大阪を普通に新幹線切符を買うのに比べて約4000円も安くしてくれるので、とても便利でお得です。

東京と新大阪を格安で移動できるぷらっとこだまの特徴とメリットやデメリットを紹介していきますので参考にしてください。

東京⇔新大阪の新幹線切符が約4000円も安くてお得

ぷらっとこだま

ぷらっとこだまがどのくらい安いのか分かりやすいように、以下に表にしてまとめました。

ぷらっとこだまの東京と新大阪間の料金

通常だと東京と新大阪間の新幹線の切符は片道で14140円かかります。

でも、ぷらっとこだまだと10300円で東京と新大阪を移動できてしまうんですね。

その差額は4000円近くにもなりますからとても安くなります。片道で4000円も安くなりますから東京⇔新大阪を往復すれば8000円もお得です。

グリーン車なら東京⇔新大阪が7000円もお得になる

普通の指定席なら東京と新大阪間は約4000円のお得ですが、グリーン車にするとさらにお得になります。

グリーン車だと東京⇔新大阪の移動は11800円で乗ることができますよ。ぷらっとこだまではなく普通にグリーン車にしたら18920円もかかりますから7000円も得です。

ぷらっとこだまでグリーン車に乗りたければ1000円~1500円をプラスして料金を支払えば乗れます。

グリーン車はぷらっとこだまに乗る区間によってプラスの料金が違っていて東京⇔名古屋だったら+1000円で乗れるんですが東京⇔新大阪だったら1500円かかります。 

ぷらっとこだまは時間に余裕がある人にはうれしい便利なサービス

ぷらっとこだまは、その名の通り新幹線のこだまに乗って移動します。

こだまは、ひかりやのぞみの新幹線とは違って各駅停車なので東京⇔新大阪の移動は約4時間もかかります。

のぞみは約2時間半、ひかりだと約3時間なので、こだまはのぞみやひかりよりも1時間ほどゆっくりの移動になります。

なので、時間に余裕があるけれどお金はできるだけ抑えたいという方にぷらっとこだまはおススメです。

個人的には1500円余分に払ってでもグリーン車に乗ります

ぷらっとこだまのデメリットはやっぱり乗車時間の長さだと思います。

私が以前、ぷらっとこだまに乗って新大阪まで移動したときはグリーン車には乗りませんでした。

2時間半かかってようやく名古屋を通過したときには腰が痛かったですね(汗)。

東京から新大阪まで約4時間もあるので、グリーン車で快適に移動できるなら1500円を余分に払う価値はあると思っています。

グリーン車に乗っても東京⇔新大阪は11800円なので普通の新幹線に乗ると思っても3000円も安く移動できます。

新幹線切符にドリンク券がついていてビールやジュースが無料

ぷらっとこだまは、ただでさえ割安なのにドリンクのチケットがついています。

このドリンクチケットはビールやジュースと交換ができて無料で飲むことができます。

ビールやジュースだけでも普通に買って飲んだら300円以上はしますからとてもお得です。

ちなみにこの無料のドリンク券に150円を追加するとワインにすることもできますよ。

ビールやジュースよりもワインを飲んでくつろぎたい方はワインを選ぶのもいいですね。

ぷらっとこだまには車内販売がないので、新幹線に乗る前に駅構内の売店やホームにあるキオスクでドリンクと交換してもらいましょう。

ぷらっとこだまは指定席なので確実に乗れる

新幹線料金が安いと自由席をイメージしやすいですけど、ぷらっとこだまは指定席扱いです。

なので、ぷらっとこだまの切符さえ購入することができれば必ず席に座ることができるので慌てて新幹線の乗車口に並ばなくてもいいし快適に移動ができます。

でも逆に指定された新幹線に万が一乗れないとぷらっとこだまチケットはただの紙切れになってしまうので注意が必要です。

仮にぷらっとこだまに乗れないと支払ったお金の払い戻しは受けられないので注意したいところです。

キャンセル料は10日前から発生する

もしぷらっとこだまのチケットを取ったけど事情があってキャンセルをしたくなったら10日以上前にキャンセルしましょう。

理由は10日以内からキャンセル料が発生するからです。

キャンセル料はいくらかかるのか分かるように以下に乗せておきます。

  • 11日前まではキャンセル料はかからない
  • 10日前のキャンセル料は切符代の20%
  • 7日前のキャンセル料は切符代の30%
  • 乗車前日のキャンセル料は切符代の40%
  • 乗車当日のキャンセル料は切符代の50%
  • 乗車時間を過ぎたらキャンセル料は切符代の100%

キャンセル料を切符代金から差し引いた金額が返ってきます。

キャンセル料を出してしまうとせっかくの安さもメリットにならないですから、ある程度予定がはっきりしているときにぷらっとこだまを使うのも一つだと思います。

さいごに

東京と新大阪間をとても安くお得に移動ができるぷらっとこだまのメリットとデメリットを紹介しました。

東海道新幹線に乗るときに、もし時間に余裕があるのであればぷらっとこだまを使ってみてはいかがでしょうか。

東京大阪間のこだま新幹線