歯科医に学ぶ!虫歯にならないための正しい歯ブラシの交換時期と理由

歯ブラシ

以前、歯のメンテナンスのために歯医者に行ってきたのですが、あなたは日々の歯磨きをしっかり行えていますか?普段使う歯ブラシはいつ頃交換していますか?

面倒くさいからといって歯ブラシの交換を怠っていると虫歯を助長してしまいます。虫歯になって歯医者さんに通うのはお金や時間がもったいないですよね。

虫歯になるリスクを減らすために歯医者さんに歯ブラシの交換時期やその理由を聞いてきたので詳しく紹介します。

歯ブラシは1ヶ月毎に定期的に交換する

あなたは普段使っている歯ブラシっていつ新品に交換していますか?

歯ブラシの毛先が広がってきたら新品の歯ブラシに交換する方が多いと思います。歯ブラシの毛先が広がってくるとしっかり毛先が歯に当たらず効果的に歯垢を落とせず虫歯の原因になります。

私も昔は2ヶ月とか3ヶ月くらい平気で同じ歯ブラシを使っていましたが、歯医者さんに指摘されてからは1ヶ月毎にしっかり新品に交換するようにしています。

1ヶ月毎に新品の歯ブラシに交換する理由は、いくつかありますが歯ブラシ自体の寿命が1ヶ月くらいと言われているんですよね。

1ヶ月経たなくても毛先が開いてきたら新品の歯ブラシに交換するようにしましょう。

歯ブラシは放置していても細菌によってさらに汚れていく

歯磨きを終えるとおそらく水で歯ブラシを洗い流してコップやスタンドに歯ブラシを立てて乾かすと思います。

でも歯ブラシを洗ってもしっかり100%汚れを落としきることはできなくて乾かしている間でも細菌の繁殖は進むんですよね。

そういった意味でも歯ブラシは1ヶ月を目安に交換していくことが虫歯を作らないようにする対策になります。

古い歯ブラシを使い続けることは口を自ら汚しているのと同じ

紹介したように歯ブラシは1度使い始めたら、使わなし保管しておいても細菌の繁殖が進んでいきます。

汚い歯ブラシを毎日口の中に入れていれば、口や歯の掃除どころか自ら口の中を汚しているのと同じです。

だから歯ブラシは必ず最低1月に1回は交換するように心がけたいものです。それだけで虫歯になって歯医者さんに通うリスクは抑えられますよ。 

さいごに

虫歯になってしまってからでは歯医者さんに行ったりする時間やお金がかかります。

虫歯になる前の効果的な対策が大切になってきますがあなたはしっかり効果的に歯磨きが出来ていますか?

私は今回歯医者さんにお話しを聞いてあまり効果的歯磨きや歯ブラシの交換が出来ていなかったのを反省しています。

どうせ歯磨きをするなら正しい知識で歯の健康と節約に励みたいと思います。

歯ブラシ

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。