ランチパスポートを使うと500円で高級ランチが食べられる理由

ワンコイン 500円

以前ブログで紹介した、500円で高級ランチが食べられるランチパスポート。

なぜランチパスポートは1500円以上もする高級ランチをたった500円というワンコインで食べることができるのか?疑問に思った方も多いはずです。

その理由を私なりに詳しくまとめてみます。

ランチパスポートを使うと高級ランチも500円で食べられる2つの理由

1. お店は広告費をかけずに口コミでお客さんが来てくれことを狙っている

ランチを販売するお店側としては、新聞や広告雑誌に自分のお店の広告を出すと1ヶ月に何十万円もの宣伝費がかかります。でもランチパスポートは、お客さんに安い価格でランチを提供することで、味やサービスが好評なら口コミでお店の存在を知ってもらうことができます。

よく友人の間でこんな会話ありますよね。

「この前行ったお店のランチが美味しかったから今度一緒に行こうよ」
というように友人が友人を誘い、どんどん口コミが広がっていく。

ランチパスポートに協賛しているお店はこの効果を狙っているんです。勝手に口コミが広がっていけば大きな金額のかかる広告費はいらなくなりますからね。

2. お店側はランチパスポートに掲載費は支払っていない

ランチパスポートは雑誌に載せるお店から掲載料金は一切もらっていません。

じゃあランチパスポートの運営者はどこから利益を得ているのか?という疑問が出てきますが、ランチパスポートの書籍代で利益を得ているんです。

ランチパスポートは税込で定価が980円ですが、その書籍金額が売れるほど利益が出る仕組みです。ランチを500円で提供する提携店は無料で広告を載せてもらってますから宣伝費はかからずランチを安く提供するだけで口コミでお店の宣伝ができるというわけですね。

まとめ

ランチパスポートはランチを出すお店側も実際に利用する私たちもお互いに利益があるサービスです。

500円で食べられるのには何か裏があるんじゃないかと思った方も安心してランチパスポートを使ってくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。