飲み切れなくても大丈夫!1度栓を開けたワインを味を落とさずに保存する方法

ワインボトル

先日、自分で初めてワインを開けて家で飲んだのですがワインボトルの栓を開けて再度栓ができなくて保存方法に困ってしまいました。

ワインの中には、栓を再度することができるワインボトルもあれば1度開けてしまうと再度栓ができないワインボトルがあります。

調べてみるとワインは1度開けたら飲み切ることがほとんどのようで、色々調べて最適な保存方法を学んだのでここに記事として残しておきます。

ワインは1度開けたら飲み切った方がいい理由

ワインが好きで習慣的に飲まれる方はご存じかとは思いますが、ワインは栓を1度開けたらその日の内に飲んだほうがいいと言われています。最悪その日に飲めなければできるだけ早く飲んだほうがいいんですね。

その理由は、ワインが空気に触れたときから酸化が始まりワインの臭いや味が変わってしまうからです。

でも私が買ったワインは安かったせいなのか、1度栓を開けたら再度栓ができませんでした。どう頑張っても栓が入りませんでした(苦笑)

ワインボトルに栓ができなければペットボトルに移し替えて保存する

飲み残したワインはそのままだと栓ができないので、コーラやジュースなどのペットボトルに入れて保存するといいですよ。

ペットボトルに入れれば蓋ができるので保存ができます。

飲み残しワインの保存方法を、ワイン専門のサイトとかを使って調べてみると栓をするための道具をおススメしていたりします。

でも私はワインを習慣的に飲まないので参考にしませんでした。

もっと簡単にお金がかからない保存方法を知りたいと思ったんですよね。

あなたもワインを習慣的に飲むのであればこういった道具はおススメかもしれませんが、私のようにごくたまにしかワインを飲まないのであればペットボトルに移し替えて保存する方法を使った方がいいと思います。

ペットボトルだったらお金がかからないし、家にあるもので代用できますからね。

ワインをペットボトルに入れて保存するときの注意点

飲み残ったワインをただペットボトルに入れて保存すれば美味しく保存できるかというとそうではありません。

いくつか注意点があるので紹介しますね。

まずワインは空気に触れると酸化が進んでしまい、味が変わってしまうのでできるだけ空気に触れさせないことが大事です。

残ったワインの容量に合わせてペットボトルの大きさを選ぶ

ペットボトルでワインを保存するときには、残ったワインの容量に合わせてペットボトルの容器の大きさも変えた方がいいです。

例えば、残ったワインが500mlくらいだったら500mlのペットボトルを使うし、ワインが1リットルくらい残ったのであれば1リットルのペットボトルを使った方がいいです。

そうするとペットボトルの中の空気が少なくなるので保存に効果的です。

逆に500mlくらいのワインを保存するのに1リットルや1.5リットルのペットボトルを使うとペットボトルの中の空気が多くなるので酸化が進みやすくなってワインの味が変わりやすくなってしまいます。

必ずペットボトルを縦にして保存する

ワインをペットボトルに移し替えたら縦にして保存します。

ペットボトルを横にして保存してしまうとペットボトルの中にある空気とワインの液面との振れる面積が大きくなるので酸化が進みやすくなり味が変わりやすくなります。

必ずペットボトルは縦にして保存しましょう。

さいごに

ワインを飲んでみて保存方法に困るとは正直思いませんでした。私のようにワインは1度開けても栓をまたすれば保存できると思っている方は多いと思います。

1度開けても再度栓をして保存できるワインももちろんありますが、栓ができないワインもあります。

あなたが今後ワインを飲むときには参考にしてもらえたらうれしいです。

ワインボトル