CDやDVD、書籍を安く送れるゆうメールの使い方や注意点をまとめてみた

ゆうメールでDVDを送りました

友人にDVDを送りたくて安く送ろうと思いゆうメールを使って送りました。

DVDやCDを送るときには定形外郵便ではなくゆうメールで送ると最安値で送れるのでいいですよ。ゆうメールは全国一律の料金で荷物を送ることができます。

今回はそんなゆうメールのルールやお得な使い方について紹介します。

まずは確認!ゆうメールで送れる物と送れない物

ゆうメールはサイズさえ収まれば何でも送れるかというとそうではありません。

送れるものと送れないものがしっかり郵便局で決められています。せっかく梱包を頑張っても送れないものだと無駄になってしまうのでしっかり把握しておきましょう。

ゆうメールで送れるものはCDやDVD、雑誌や書籍類

ゆうメールで送れるもの

ゆうメールは雑誌などの書籍やCDやDVDなどの電子記録媒体が送れます。コイル状の金具でとじたカレンダーなども送れますよ。

ゆうメールでは信書や手書きの紙などは送れない

ゆうメールでは送れないもの

逆にゆうメールでは送れないものは信書や手書きの紙などです。

ゆうメールは150gまでなら全国一律180円で送れる

ゆうメールはCDやDVDを全国どこでも同じ料金で送ることができます。ゆうメールの料金は以下の通りです。

重量 運賃
~150g 180円
~250g 215円
~500g 300円
~1kg 350円
~2kg 460円
~3kg 610円

150g以下の物であれば180円で全国に荷物が送れるのでとても便利です。でも100g以下の物であれば私は定形外郵便で送ったほうがお得だと思います。

荷物が100g以下ならゆうメールより定形外郵便の方が得

もしあなたが送りたい荷物が100g以内であればゆうメールを使うよりも定形外郵便を使う方がお得です。

定形外郵便なら100g以下だと140円で送れるので、ゆうメールは180円かかるのに比べると40円お得に荷物を送ることができます。

分かりやすいように定形外郵便とゆうメールの料金を比較できるようにまとめました。

重さ ゆうメール 定形外郵便
50g以内 扱いなし 120円
100g以内 扱いなし 140円
150g以内 180円 205円
250g以内 215円 250円
500g以内 300円 400円
1kg以内 350円 600円
2kg以内 460円 870円
3kg以内 610円 扱いなし
4kg以内 扱いなし 1180円

荷物の大きさは3辺合計が1.7m以内で3kgまでなら大丈夫

ゆうメールの寸法

ゆうメールを使うには送りたい荷物の大きさにもルールがあります。

荷物の3辺の合計が1.7m以内で重さは3kgまで可能です。私はDVDを2枚封筒に入れて150g以下だったので180円分の切手を貼って送りました。

ゆうメールでDVDを送りました

ゆうメールは中身が確認できるようにしないといけない

封筒は中身が確認できるように

ゆうメールの最大の特徴だと思いますが、封筒の中身がゆうメールで送れるものなのか郵便局員さんが確認できるようにしないといけません。

私は今回自分でポストに直接投函したので、封筒の表に「ゆうメール」という記載と切手を180円分貼りました。中身が見えるように角を少し切り取って投函します。

郵便窓口ではなく自分でポスト投函するときには以下のルールを守りましょう。

  • 運賃分の切手を貼付する
  • 封筒の表に郵便局員が分かるように「ゆうメール」と記載する
  • 封の中身が郵便局員が分かるように角を切ったり外から分かる透明シートを使うなどする

ポストに投函せず郵便局の窓口で封筒の中身を郵便局員さんに確認してもらってから封をすれば写真のように角を切り取る必要はありません。

直接ポストに投函するのか、郵便局で中身を確認してもらってから封筒の封をするのかで使い分けましょう。

送りたいものを入れる封筒はなんでもOK

今回私は友人にDVDを送りましたけど入れる封筒はなんでも大丈夫です。ホームセンターや100円均一、文具店などで封筒を用意すればいいです。

わざわざ買うのももったいないので自宅にある使わない封筒などを使うのもいいですよ。

さいごに

とにかく安く荷物を送りたいというのは誰もが思うことだと思います。CDやDVD、雑誌などは郵便局のゆうメールを使うと安く荷物を送ることができます。

 100g以下であれば定形外郵便の方が得なので、あなたが送りたい荷物の重量を確認して損をしないようにしてくれたら嬉しいです。

ゆうメールでDVDを送りました

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。