ゆうちょ総合口座を作って得する5つのメリット

ゆうちょ銀行

私は昔からゆうちょ銀行の口座を持っていますが、先日、友人にゆうちょ銀行って何かメリットある?と聞かれました。

私は今でもゆうちょ銀行の口座は使っていますので私の視点からゆうちょ銀行口座を持つメリットを紹介します。

参考にしてください。

1. 土日のATMの引き出し手数料が深夜でも無料

土日はもちろん、深夜に急にお金を引き出したいと思うことはよくあることです。

そんなときにゆうちょ銀行はATMの引き出し手数料が無料です。

注意したい点は、ゆうちょ銀行のATMであること。セブン銀行など、他の銀行のATM経由だと手数料がかかります。

「ゆうちょ銀行ATMや窓口はどこにあるのか?」という方のためにこちらから確認できます。

他の銀行を見てみると、住信SBIネット銀行やジャパンネット銀行などは手数料がかかるし、深夜はお金の引き出しができない銀行が多いです。

2. ゆうちょ窓口やATMが全国にある

ゆうちょ銀行は平成25年時点で、窓口が24215個、ATMが26669個あります。

私の住んでいる街にも10分も車を走らせれば2、3店舗のゆうちょ銀行があります。

なので、あなたの住んでいる街にもきっとゆうちょATMや窓口はあることでしょう。

3. 転勤族の給料口座としても便利

会社の給料を振り込んでもらう口座としてゆうちょ銀行口座を使うのはとても賢いことだと思います。

特に転勤をする方にとっては、地方銀行の口座を給料口座に指定していると転勤先では使えないのでわざわざ給料口座を変更しなければいけないことになりとても不便です。

私も昔、地方に勤務していたことがあって、今ではその時の銀行口座は使っていません。

その点から、ゆうちょ銀行口座であれば全国どこにいってもゆうちょ銀行はありますから、給料口座として使えるので便利です。

4. ネットショッピングでゆうちょ銀行をしているお店が多い

ネットを使ってよく買い物をされる方にはゆうちょ銀行の口座は持っておいた方が良いと思います。

その理由は、ネットショッピングでの支払はゆうちょ銀行を指定しているお店がほとんどだからです。

ゆうちょ銀行以外の銀行口座をもちろん支払に使用することはできますが、選択の幅が狭まるので持っておいて損はありません。

5. スマホやパソコンから残高確認や振込みができる

今では、どこの銀行もこういった残高確認や振込みなどを行えるようになっているのでゆうちょ銀行だけっていうことではないんですが残高確認や振込みをすることができます。

わざわざゆうちょ銀行窓口やATMに行かなくてもできるのでとても便利ですよね。

まとめ

ゆうちょ銀行は全国に窓口やATMがあるので、旅行をしたり転勤を頻繁する方にとっては便利な口座です。

また、引き出し手数料も無料なので持っておいて損はない銀行口座と言えます。

ゆうちょ銀行

ABOUTこの記事をかいた人

聡

このブログの運営者。時間やお金を大事にしてきた体験をブログを通して分かりやすくお伝えします。私のブログがあなたの生活に少しでも役に立てたら嬉しいです。